人工肛門!パウチが離せない完全無穴。直腸がんからストーマへ。

臆病という病気。

臆病という病気。

有名なムンクの「叫び」は、
叫びという題名だが、ぼくには叫びに見えない。

背後から誰かがやって来る。
前からも誰かがやって来る。
声も出せなくて、おびえている。
絶体絶命「ピンチ」の絵・・・

ムンク「叫び」

臆病風の大流行。

臆病は病名ではないようだが
ちょっとしたことにも怖がったりしりごみしたり、
おじけづいたりすることを言うらしい。

小心でいつもびくびくしている人を
「臆病な男」「臆病者」などと軽蔑する事がある。

おくびょうがみ【臆病神】
「臆病神にとりつかれる」
臆病な心を起こさせる神さまがいるという説。

また、歌舞伎舞台や能舞台でも舞台装置の、ある部分の出入り口には
おくびょうぐち【臆病口】と言うのがあるらしい。
昔は商店の店先の戸に作った小窓で、閉店後に来客と品物や金銭の受け渡しをしたり、
来訪者を確かめたりする窓のことを、おくびょうまど【臆病窓】と言ったという。

体の病気でなくとも、行動に勇気がないとか
慎重さにも度が過ぎると臆病者と言われる。

スポンサードリンク

しかし無鉄砲で行動的より、臆病で慎重と言われる方が
他人に迷惑をかける度合いは少ないかも知れない。

誰でも人から臆病と言われるのは嬉しくないだろう。
臆病は勇気という言葉の反対側に位置する場合もある。
見栄とか外聞に関わる場合もあるかもしれない。

臆病風の症状は無関心。

ちょっと勇気を出して手を差しのべるだけで助けてあげられたり
ひと言、優しい言葉をかけるだけで救われる事もあるだろう。
見て見ぬ振りの臆病風が、蔓延する世の中になった。

自分はどうだろう。
家族はどうだろう。
学校はどうだろう。
会社はどうだろう。
政治はどうだろう。

電車でも、自転車でも、車でも、歩いていても
マナー違反には無関心。
ありとあらゆる場面で見ても見ぬ振り。

無関心症状を伴う臆病風は
自覚症状がないから気がつかないのか
気がつかない振りなのか・・・
少しの勇気さえあれば臆病は克服できる。
みんなで小さな勇気を持とう。

この病がなくなれば、世界は変わるはずだ。
風は万病の元、と昔から言われるのだから・・・。

パウチ生活もそろそろ2年。
人工肛門にも何となく慣れたが
障害者手帳を持つ身としてはやはり不安だ。
ムンクの叫びほどではないが・・・



スポンサードリンク

ご意見、お気づきの事などあれば、こちらへどうぞ。

認証コード(2972



a:1977 t:1 y:0

コメント


認証コード3186

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional